第三回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー

大和証券福祉財団 第27回 ボランティア活動助成活用事業
第三回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー

がんと就労

セミナー概要
 現在の日本では、二人に一人ががんに罹患すると言われています。しかし、以前と比べると、罹患後も治療を続けながら社会復帰ができるようになり、仕事も継続できるように変わってきました。また、日本では2016年の改正がん基本対策の成立により、罹患者の就労サポートは事業主の努力義務と定められています。こうした社会の動きからも、がんと就労の問題を社会の問題として受け止めようとする考え方が徐々に浸透しています。しかしながら、実際には療養と並行して仕事を継続することには様々な困難があり、企業としても、また社会としても課題は多くあります。
このセミナーでは、日本におけるがんと就労の状況、また、がん患者が働くことの社会的な意味や意義について知り、がんと共に生きる社会のあり方について共に考えるひとときを共有します。
講師
桜井 なおみ 氏 キャンサー・ソリューションズ(株)代表取締役社長
開催日時
2021年11月28日(日) 14:00~16:00(開場:13:30)
定員
定員:会場 & Zoom 各50名
※Zoomウェビナー用のURL
https://zoom.us/j/98945209521?pwd=WlVBZ20zUGpZQVk4MlhuaTNUc3AvZz09
ミーティングID: 989 4520 9521
パスコード: 833164
※Zoomの設定は、ご自身でお願いいします。
参加費
無料
開催場所
三田市まちづくり協働センター 多目的ホール(三田駅前キッピ―モール6F)
「がんと就労」について講師への質問募集中
10月20日までに、メールまたは書面にて、以下に宛ててお送りください。
質問送付先
メール :info@piesanda.jp
郵送:〒669-1528 兵庫県三田市駅前町2-1
三田市まちづくり協働センター気付 メールボックス38 NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
時間の都合で、全てにお答えすることはお約束できませんが、事前に、皆さんと共有できる内容を選ばせていただきたく思います。
講師ご紹介
乳がん罹患後は、働き盛りで罹患した自らのがん経験や社会経験を活かし、小児がんを含めた患者・家族の支援活動を開始、現在に至る。
第5期厚生労働省がん対策推進協議会委員、愛知県立大学看護実践センター非常勤講師、和歌山県立医科大学保健看護学研究科非常勤講師等。
「あのひとががんになったら」など著書も多数。
講師からのメッセージ
小澤和夫氏 働く世代にとって、社会とのかかわりを持つことは、生きがいのため、社会との関わりをもつため、そして、治療のためにも重要です。
 では、いま、日本の中でどのような就労の問題があり、どのように私たち社会は患者、家族と伴走をしたらよいのでしょうか?今回は、私自身の経験や日頃の相談支援からみえてくる課題と解決のヒントをお話します。みなさんとのディスカッションを大切にしたいと思いますので、ふるってご参加ください。
主催
特定非営利活動法人 P.I.E.GROUP.SANDA
後援
三田市、三田市社会福祉協議会、三田市商工会、ハニーFM
協賛
澤外科
さんだ在宅医療ネットワーク
Hair’s Curar
心泉整体
エリスメディカル
English Cafe SANDA
青山舎
申し込み方法(ご予約・お問合せ・質問送り先)
◎お申込みの際には、お名前、電話番号、メールアドレス、参加方法(会場またはZoom)をお伝えください。
※個人情報につきましては、本セミナーに関わる目的以外には一切使用いたしません。
メールinfo@piesanda.jp
電話 070-5664-2060
郵送:669-1528 兵庫県三田市駅前町2-1 三田市まちづくり協働センター気付 メールボックス38