協賛のお願い

PinkRibbon DAY in SANDA 2020– 全ての女性にピンクリボンを! 乳がんを知り、考える日 –協賛のお願い

拝啓 
 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 平素は P.I.E. GROUP. SANDA(パイグループさんだ)の活動に格別のご高配を賜り、厚くご礼申し上げます。

 さて、私たちは本年10月4日に三田市まちづくり協働センター多目的ホールにおいて、Pink Ribbon DAY inSANDA 2020(ピンクリボンデイさんだ2020)を開催する運びとなりました。現在、三田市ならびに三田市社会協議福祉会の後援のもと、少しずつ準備を進めています。今年で三度目を迎えるPink Ribbon DAY in SANDAは、10月に世界中で開かれている乳がん予防月間(ピンクリボン月間)にちなみ、女性やそのご家族が健康で豊かな生活を送るための適切な運動と食生活を学ぶための集いです。

 日本人女性における罹患率が最も高い乳がんに対しては、早期発見・早期治療が必要であることは以前より指摘されてきました。しかし、その反面、そもそもがんに罹らないで過ごし続けることがより重要であることに光が当てられることはほとんどありませんでした。しかしこれは実に奇妙なことです。というのも、風邪や虫歯については予防が重視されるのであれば、がんを予防するという発想もあってよいものだからです。確かに、風邪や虫歯とがんは程度に差があります。しかし、がんは一度罹ると治りにくい上に、寛解後も再発の可能性が残るだけに、ましてや早期発見も早期治療も本質な解決方法とは言えないはずです。大切なのは、罹らないための努力=予防であるはずです。

 そのための知識を持つことは、女性だけに限らず、女性の周囲にある社会にとっても有益であるはずです。なぜならば、女性が乳がんに罹らないで日々を過ごすことができることは、女性の身体や精神に限らず、女性を取り巻く家族や社会の安寧や平安をもたらすものであるとして極めて重要な社会的意味を持つからです。そしてそのために少しでもお役に立てるように、すべての女性とそのご家族の皆様にこの企画を捧げたいと私たちは願っております。

 私たちは2018年より継続的に乳がんの予防という観点から女性と女性に関わりを持つ全ての人が少しでも安心できる健やかなる社会の実現を目指し、活動を続けることができております。これもひとえに皆さまのご理解とご協力の賜物であることに改めて心よりお礼申し上げます。この活動がさらに充実したものになるように、何卒、ご支援とご協力を賜わりたく、ここにお願い申し上げる次第です。
  ご承諾のうえは、お手数ではございますが、「承諾書」を記入いただき弊会までご返送くださいますようお願い申し上げます。なお、ご協賛の内容につきましては、こちらよりPDFファイルを入手しご確認ください。何卒よろしくお願い申し上げます。         敬具     

 

2020年スポンサー紹介

あかい工房

あかい工房

 

美除貞石材

 

Hair'sCurar

 

心泉整体

 

ラブドネイション

 

エリスメディカルグループ

エリスメディカルグループ