ニュース一覧

第三回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー「がんと就労」お礼

 皆さまのお支えのおかげで、本日無事、第三回キャンサー・ピアサポーター養成セミナーを終えることができました。
 講師の桜井なおみ先生、キャンサー・ソリューションズの皆さま、そして、会場&Zoom参加いただきました皆さま、協賛企業の皆さまに心よりお礼申し上げます。
 「がんと就労」の問題のパイオニアでいらっしゃる桜井先生のお話を直接お聴きでき、問題の広がり、奥行き、そして根深さを知ることができたと思います。また、ピアサポーターとして相手に伴走することの意味や価値を知ることができました。何より、もっと知りたい、考えたいという気持ちになることができ、とても勇気づけられました。先生から頂いたプレゼントを温めて、今後の活動に生かしていきたいと思います。

桜井先生、皆さまに厚くお礼申し上げます。

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
代表理事 西澤真則&会員一同

オンライン版 Pink Ribbon Day in SANDA 2021お礼

 オンライン版 Pink Ribbon Day in SANDA 2021 無事に終了しました、ありがとうございました。

 ピンクリボン月間の最後の日、選挙の日に、ご講演頂きました加藤大典先生、オンライン参加12名、現地参加5名の皆さまに心より感謝申し上げます。
 予定時間を大幅にオーバーして約45分にわたり加藤先生に乳がんにまつわる、深い話から素朴な疑問・質問に回答いただきました。

NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
代表理事 西澤真則&会員一同

ハニーFMへ出演しました。

10月26日 午後3時から放送のハニーサウンドカフェ 「カフェテラス」のコーナーにゲスト出演しました。
10月3日のPink Ribbon Day in SANDA 2021 のことキャンサーピアサポータ―養成セミナーについてお話してきました。
アーカイブ放送はこちらからダウンロードできますので、ぜひお聴きください。
【ゲスト】10月26日(火)15時台 NPO法人 P.I.E.GROUP.SANDA からエリスさん、西澤さんをお迎えして

【事前案内】オンライン版 Pink Ribbon Day in SANDA 2021 開催のお知らせ

ameblo

 2021年10月31日(日)「オンライン版 Pink Ribbon Day in SANDA 2021 」を開催いたします。

10月3日にご参加くださった方、加藤先生のお話を聞いてみたい方々もこの機会にぜひご参加下さいますようお願い申し上げます。

●概要
日時: 2021年10月31日(日) 午後(開催時間調整中、決定次第お知らせします。)
内容:①「2019年版 患者さんのための乳がんガイドラインから」 約30分
   ②ご質問等フリートーク 約30分
場所: オンライン(Zoomミーティング、カメラOFFでの参加可能&入室後は氏名変更可能)
講師:京都医療センター 乳腺外科診療科長 加藤 大典先生
ファシリテーター:エリス 希好子(NPO法人 P.I.E.GROUP.SANDA)
主なルール:
・お互いにプライバシーを守る(個人情報・守秘義務の順守)
・一人で長々と話さない
・批判、中傷はしない
お申込み:メールで「お名前」、「電話番号」、「メールアドレス」をお伝えください。
メール pinkribbon@piesanda.jp
※個人情報につきましては、本講演に関わる目的以外には一切使用いたしません。

Pink Ribbon Day in SANDA 2021お礼

AB_P1000037

 本日(10/3)、ピンクリボン月間最初の日曜日に、兵庫県三田市で行われたPink Ribbon Day in SANDA 2021は、皆さまのご協力のおかげで、無事盛会のうちに終了することができました。
まず、ご講演頂きました加藤大典先生、粟根雅章先生、そして、50名の現地参加者の皆様、Zoom参加の皆さまに心より感謝申し上げます。
途中、Zoom参加者の皆さまには、機器の不調等により聴き取りづらい部分がございましたこと、お詫び申し上げます。
日を改めて、オンラインのみの形で、加藤先生、粟根先生にお話しいただく機会をつくらせていただきます。どうぞご寛恕頂きますようお願い申し上げます。

さて、今回の二つの基調講演と体験発表では、がんと向き合うことのなかには、がんの予防や、やがて訪れる最後の過ごし方について、選択肢や対処法を知り、考えて、行動する自助努力的な要素が含まれること、またそれだけではなく、自分の力で頑張ってもどうにもならない部分があり、それには家族や地域、また医療を含む社会のサポートが不可欠であることを改めて知ることができました。医療者の視点、がん治療をなさっている方の視点だけにとても説得力があったと私は思います。
お三方のお話を今後の活動に生かしていきたいと思います。

最後になりますが、平素よりご支援いただいております協賛企業の皆さま、後援くださった、澤外科様、さんだ在宅医療ネットワーク様、三田市、三田市社会福祉協議会、ハニーFM様、そして、助成金にてお支え頂いた赤い羽根共同募金様に心より感謝申し上げます。

頂いたお心遣いを活かし、少しでも社会のお役に立てるように、会員一同励んでいきたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
代表理事 西澤真則&会員一同

NewsLetter Vol.8発行しました。

NewsLetter1

P.I.E.GROUP.SANDAのニューズレター編集部です。

 今号は、臨時特別号として、8月11日開催の「第二回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー“病の体験”綴り方講座」へ体験談原稿をお寄せいただき、掲載にご承諾いただいた6名の作品を作品集として発行しました。
8月11日の講座以降、休日返上、メンバー総出で10月3日の発行に向け、文章の校正、手書き文章の文字起しや確認、編集作業を着々と進めてきました。

とても素晴らしい作品集ができあがりました。

下記リンクからPDFファイルをダウンロードしてください(無料です。)
冊子発送をご希望の方は、送料実費200円にて賜ります。
お気軽にお知らせください。

 

ハニーFMへ出演しました。

IMG_1783

8月31日 午後3時から放送のハニーサウンドカフェ 「カフェテラス」のコーナーにゲスト出演しました。
P.I.E.GROUP.SANDAの生い立ちやPink Ribbon Day in SANDA 2021 のことや毎月開催しているキャンサーピアサポートについてお話してきました。
アーカイブ放送はこちらからダウンロードできますので、ぜひお聴きください。
【ゲスト】8月31日(火)15時台 NPO法人 P.I.E.GROUP.SANDA からエリスさんをお迎えして

私(エリスさん)は、ハニーFMさんの9412人目のゲストだそうです。
出演記念の金メダルをいただいたように、うれしかったです。大切にします。 ありがとうございます。

【お詫びと訂正】8月11日 第二回キャンサー・ピアサポーター養成セミナー“病の体験談”綴り方講座

cps002

「第二回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー “病の体験談”綴り方講座」につきまして、下記の通り訂正しお詫び申し上げます。

誤:8月11日(水・祝)
正:8月11日(水)

今年はオリンピックの閉会式の予定日である8月8日に「山の日」が移動したとのことでした。

講師の橋口丈志先生からは、一文でも、俳句でも、短歌でもどのような形でもお持ちいただき、皆さんとよいセミナーのひとときをご一緒できればとのお言葉頂いております。聴講のみでも参加可能ですので、是非お申し込みください。

なお、体験談の事前投稿は、7月20日をめどに以下の送り先までお願いいたします。
紙媒体:〒669-1528 兵庫県三田市駅前町2-1 三田市まちづくり協働センター気付 メールボックス38 NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
電子メール(添付ファイル可):info@piesanda.jp
※いずれの方法でも、お申込みいただいたうえで、投稿原稿の複写等の控えを作成いただきますようお願い申し上げます。

第二回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー開催案内

cps002

P.I.E.GROUP.SANDAでは、来る8月11日(水・祝)三田市にて、第二回キャンサー・ピアサポーター養成セミナーを開催することになりましたこと、ご案内申し上げます。
是非、お運びください。

第二回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー
“病の体験”綴り方講座
講師:橋口 丈志 氏 清風学園 読書・論文指導部主事

日時:2021年8月11日(水) 14:00~16:30(開場:13:30)

場所:三田市まちづくり協働センター 多目的ホール
(三田駅前キッピーモール6F)
定員:先着順予約優先 50名 Zoom参加可

参加費無料
体験談募集中
事前に体験談原稿をお寄せください。当日講師よりフィードバックを受けられます。

 

第一回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー開催案内

cps002

P.I.E.GROUP.SANDAでは、来る5月23日(日)三田市にて、第一回キャンサー・ピアサポーター養成セミナーを開催することになりましたこと、ご案内申し上げます。
是非、お運びください。

第一回 キャンサー・ピアサポーター養成セミナー
「ピアサポート入門編 ― 相手に寄り添うこと ―」
講師:吹田ホスピス市民塾 会長 小澤 和夫 氏

開催日時:2021年5月23日(日) 14:00~17:00(開場:13:30)
定員:50名(Zoom聴講可) 参加費無料・テキストあり
開催場所:三田市まちづくり協働センター 多目的ホール 
(三田駅前キッピ―モール6F)

 

NewsLetter Vol.6発行しました。

NewsLetter0601

今年の冬の寒さは格別ですが、
皆様のご様子はいかがでしょうか。

News Letter Vol.6
「生活習慣 変えられますか?変えられそうですか?変えてみたいですか?」というお話で発行しました。

今回は、2020年10月4日に三田市で開催された『ピンクリボンデイ』以来、
病気予防?
健康でいるためには?
ダイエットがうまくいかないのはなぜ?
糖質の影響は?
など、質問を受けた解答に触れながら生活習慣、特に食習慣(糖質)について紹介しています。

「成人病」?「生活習慣病」?
 日本では、昭和30年代に脳卒中、がん、心臓病などは、
40歳前後から死亡率が高く全死因の中でも上位を占め、
40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病、
すなわち加齢によって発病すると考えられたために「成人病」と呼ばれていましたが、
若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していること、
生活習慣の改善により、これらの病気の発症、進行が予防できることから
1997年頃から生活習慣病と呼ぶようになりました。
そのようにして国民の間に「生活習慣病」という病名を定着させることで、
生活習慣を改善するための努力が生涯を通じてなされることが期待されたのでした。
健康で幸せな人生を送るために、あなたの生活習慣を変えてみませんか?


続きは
下記リンクからPDFファイルをダウンロードしてください(無料です。)

(※一部、携帯ではご利用いただけない機種もございます。紙版を送付ご希望の場合は、ご住所をお知らせください。)


まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様どうかお体を大事になさってください
一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。。

NPO法人登記手続き完了

今年4月から準備を進めた、私たち P.I.E.GROUP.SANDA(パイグループさんだ)の特定非営利活動法人化について法務局への登記手続きが完了し法人番号が届きました。
P.I.E.GROUP.SANDA(パイグループさんだ)は、 「市民活動団体」から法人格を得た団体である特定非営利活動法人  P.I.E.GROUP.SANDA(パイグループさんだ)になりました。

2018年の立ち上げ当時に P.I.E.GROUP.SANDA(パイグループさんだ)の名称に込めた初心を忘れることなく、メンバー一丸となって活動を継続してゆく所存です。

これからもご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
ホームページのプロフィールも変更しています。

NewsLetter Vol.5 発行しました。

nigaoe_hippocrates1

「断続的断食でオートファジーを誘導しがん細胞の増殖と発生を止める」というお話で、
News Letter Vol.5 「全ての女性にピンクリボンを! 乳がんを知り、考える日」開催増刊号を発行しました。
PDFアイコンをクリックしてください

(※一部、携帯ではご利用いただけない機種もございます。紙版を送付ご希望の場合は、ご住所をお知らせください。)


今回は、現代医学の父とされるヒポクラテスの名言
「汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ」で始まり、
ヒポクラテスの名言「賢者は健康が最大の人間の喜びだと考えるべきだ」で締めくくり、
健康の喜びや食事の大切さを改めて考える内容になっています。


そして!紙面デザインは、
本日(10/4)開催の「全ての女性にピンクリボンを!乳がんを知り、考える日
Pink Ribbon Day in SANDA 2020」
ピンクリボン(乳がん防止)啓蒙活動カラーに合わせてピンクにしています。

赤い羽根共同募金 withコロナ 草の根応援助成

akaihane_01

赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン「withコロナ草の根応援助成」 へ応募した結果、助成金を受けることとなりました。
受け取る助成金は、コロナ禍のために、オンライン上での活動や会議を可能にするための機材購入費用として大切に活用させていただきます。

今後の活動で、「withコロナ草の根応援助成金」で得た機材を使用する活動は、その旨を記載しお知らせいたします。
「withコロナ草の根応援助成」は、この活動に共感してくださった多くの個人・企業等からの寄付金により実施されています。

NewsLetter Vol.4 発行しました。

NewsLetter04

地域コミュニティの健康福祉向上を目的とし、病気の予防(Prevention)、介在(Intervention)、教育 (Education)を提案する情報誌創刊号を発行しました。PDFアイコンをクリックしてください。

キャンサー・ピア・サポートのページを更新しました

CPS1

 昨年のリボンPink Ribbon Day in SANDA 2019以降はじめた、がん患者さんやご家族、ご友人を対象にした気分転換の時間。
COVID-19で開催を中止していましたが、名称を「キャンサー・ピア・サポート」に変更し月に1回開催することとしました。

 がん疾患を持つ方やご家族、ご友人を対象にした、参加者同士が相互に体験や感情を語りあい支援しあう場所です。
あなたが語ることが、誰かの元気につながったり、逆に元気をもらったりするかもしれません。
病気に対する悩みや不安、しんどさなど、心の疲れ(ストレス)を軽減し、前向きに毎日を過ごす、きっかけづくりの場として、開催しています。

こんな疑問や不安、心配をお持ちの方、不安があったけれど解決した方、ご自身の経験からアドバイスできる方、どうぞ、お気軽にご参加ください。

本人にどんな言葉をかけたらいいか・・・
生活できるか不安
仕事と治療両立できるか・・・
いつぐらいから髪が抜けるの?
抗がん剤の副作用がつらい・・・
治療をどのように決めたらいいか・・・
治療費の負担が大きい
病院の治療以外になにかしてる?
サプリ飲んでる?
治療の説明が難しくてわからない
Dr.と コミュニケーションがうまく取れない

NewsLetter Vol.3 発行しました。

NewsLetter03.ai_A4

地域コミュニティの健康福祉向上を目的とし、病気の予防(Prevention)、介在(Intervention)、教育 (Education)を提案する情報誌創刊号を発行しました。PDFアイコンをクリックしてください。

Pink Ribbon Day in SANDA 2019 お礼

Pink Ribbon Day in SANDA 2019は、来場の皆さまと協賛企業の皆さまのおかげで、無事に終えることができました。
昨年から継続して、三田市においてピンクリボンのイベントを持てたことに、心より深くお礼申し上げます。

今年の講演では、昨年の内容を引き継ぎながらも、新たな視点から乳がんや様々な病について知り、そして考える時間を共有することができました。とりわけ、「ホメオスタシス」という観点からそれぞれの食習慣や運動習慣、そして生活環境を見直すことが病気の原因を根本的に捉え、また病を予防するのに有意義な方法であることを知ることができたのは、今回の大きな収穫の一つになりました。今回の講演が、少しでも皆さまのお役に立てることができたのであれば幸いです。

また今後とも何卒よろしくお願いいたします。

P.I.E.GROUP.SANDA
代表 西澤真則、ならびにメンバー一同

Pink Ribbon Day in SANDA 2019 今年も開催します

すべての女性にピンクリボンを!Pink Ribbon Day in SANDA 2019
乳がんを知り、考える日
日時:2019年11月10日 (日)午前10時30分~午後6時 参加費無料
どなたでも、お好きな時間にご自由に参加できます
場所:三田市まちづくり協働センター 多目的ホール (三田駅前キッピーモール6F)
主催:P.I.E. GROUP.SANDA(パイグループさんだ)
協賛:あかい工房 あん整骨院・鍼灸院 美除貞石材 Ellis Medical Group
お問合せ:メール info@piesanda.jp 電話 070-5664-2060
http://www.piesanda.jp/

ワークショップ開催「栄養と長寿」

workshop1

ワークショップテーマ: 栄養と長寿
提題: 「栄養への気遣いと長寿の実現」
日時: 2018年11月25日(日)10:00~12:00
場 所: 三木市吉川町公民館1階 視聴覚室
参加費: 1,000円
問い合わせ先:P.I.E.GROUP.SANDA(パイグループさんだ)
メール : info@piesanda.jp

Pink Ribbon Day in SANDA 無事に終了いたしました

IMG_0069

10月7日(日曜日)112名の方にご参加いただき、Pink Ribbon Day in SANDA無事に終了しました。
ご来場の皆さま、また、陰となり日向となり支えてくださいました皆さまに、心よりお礼申し上げます。

今回、講演に関する沢山のご感想・ご意見を頂戴することができました。
それらを参考に、地域コミュニティにおける豊かな健康福祉の実現を目指し、今後も「予防・介入・教育」という視点から、健康と病について知り、また考えるきっかけづくりができるよう、メンバー一同気持ちを新たにしております。

今後とも何卒よろしくお願いいたします。
重ねてお礼申し上げます。

P.I.E.GROUP.SANDA
西澤真則(代表)、ならびにメンバー一同







アメブロでも、Pink Ribbon Day in SANDAの様子を紹介していますので合わせてご覧くださいませ。

https://ameblo.jp/piegroupsanda/

News Letter Vol.1 発行しました。

地域コミュニティの健康福祉向上を目的とし、病気の予防(Prevention)、介在(Intervention)、教育 (Education)を提案する情報誌創刊号を発行しました。PDFアイコンをクリックしてください。

News Letter Vol.1

Pink Ribbon Day in SANDAのチラシ設置協力店情報をアップしました

Pink Ribbon Day in SANDA協賛チケット取扱店情報を記載しました。

Pink Ribbon Day in SANDAのチケットは下記の取扱店で購入可能です。

 

10月7日 Pink Ribbon Day in SANDA 開催します。

image

 10月7日に開催されるPink Ribbon Day in SANDAは、毎年10月に世界中で開かれている乳がん予防月間(ピンクリボン月間)にちなみ、女性の皆さまとそのご家族が健康で豊かな生活を送るための学びの集いです。。