NewsLetter Vol.6発行しました。

今年の冬の寒さは格別ですが、
皆様のご様子はいかがでしょうか。

News Letter Vol.6
「生活習慣 変えられますか?変えられそうですか?変えてみたいですか?」というお話で発行しました。

今回は、2020年10月4日に三田市で開催された『ピンクリボンデイ』以来、
病気予防?
健康でいるためには?
ダイエットがうまくいかないのはなぜ?
糖質の影響は?
など、質問を受けた解答に触れながら生活習慣、特に食習慣(糖質)について紹介しています。

「成人病」?「生活習慣病」?
 日本では、昭和30年代に脳卒中、がん、心臓病などは、
40歳前後から死亡率が高く全死因の中でも上位を占め、
40~60歳くらいの働き盛りに多い疾病、
すなわち加齢によって発病すると考えられたために「成人病」と呼ばれていましたが、
若者の発症が目立つようになり、その後の調査で生活習慣が深く関与していること、
生活習慣の改善により、これらの病気の発症、進行が予防できることから
1997年頃から生活習慣病と呼ぶようになりました。
そのようにして国民の間に「生活習慣病」という病名を定着させることで、
生活習慣を改善するための努力が生涯を通じてなされることが期待されたのでした。
健康で幸せな人生を送るために、あなたの生活習慣を変えてみませんか?


続きは
下記リンクからPDFファイルをダウンロードしてください(無料です。)

(※一部、携帯ではご利用いただけない機種もございます。紙版を送付ご希望の場合は、ご住所をお知らせください。)


まだまだ厳しい寒さが続きますが、皆様どうかお体を大事になさってください
一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。。

2021年01月08日