Pink Ribbon Day in SANDA 2021お礼

 本日(10/3)、ピンクリボン月間最初の日曜日に、兵庫県三田市で行われたPink Ribbon Day in SANDA 2021は、皆さまのご協力のおかげで、無事盛会のうちに終了することができました。
まず、ご講演頂きました加藤大典先生、粟根雅章先生、そして、50名の現地参加者の皆様、Zoom参加の皆さまに心より感謝申し上げます。
途中、Zoom参加者の皆さまには、機器の不調等により聴き取りづらい部分がございましたこと、お詫び申し上げます。
日を改めて、オンラインのみの形で、加藤先生、粟根先生にお話しいただく機会をつくらせていただきます。どうぞご寛恕頂きますようお願い申し上げます。

さて、今回の二つの基調講演と体験発表では、がんと向き合うことのなかには、がんの予防や、やがて訪れる最後の過ごし方について、選択肢や対処法を知り、考えて、行動する自助努力的な要素が含まれること、またそれだけではなく、自分の力で頑張ってもどうにもならない部分があり、それには家族や地域、また医療を含む社会のサポートが不可欠であることを改めて知ることができました。医療者の視点、がん治療をなさっている方の視点だけにとても説得力があったと私は思います。
お三方のお話を今後の活動に生かしていきたいと思います。

最後になりますが、平素よりご支援いただいております協賛企業の皆さま、後援くださった、澤外科様、さんだ在宅医療ネットワーク様、三田市、三田市社会福祉協議会、ハニーFM様、そして、助成金にてお支え頂いた赤い羽根共同募金様に心より感謝申し上げます。

頂いたお心遣いを活かし、少しでも社会のお役に立てるように、会員一同励んでいきたいと思います。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

NPO法人P.I.E.GROUP.SANDA
代表理事 西澤真則&会員一同

2021年10月03日